ネガティブ思考は改善できる!その原因と具体的方法

ネガティブ思考改善 考え方

こんにちは!
スマホオンライン家庭教師ライフです

今回は、ネガティブ思考についてのお話

子育てでも仕事でも使える、ネガティブ思考改善方法をお伝えします

 

ネガティブ思考になる原因

みんなネガティブ思考になる

ネガティブ思考改善

あーまたテストで10点下がってる
人生終わった・・・

ネガティブ思考改善

通知表の内申点変わらんかった・・・
もう推薦無理・・・

 

ネガティブに考えてしまうこと、結構ありませんか?

自分は結構あります

いなば
いなば

あー家の玄関の鍵かけるの忘れた俺の家終わった

とか

 

いなば
いなば

うわー雨降ってきた 洗濯物外に干しっぱなし俺の人生終わった

とか
結構なります

ネガティブ思考の奴が
ネガティブ思考改善の記事書くなよ

って思いますよね わかります

だから
「一緒に改善していきましょう」ニュアンスで書いていきますんでよろしく〜

 

というか、
人間は基本的にネガティブ思考なんです

 

脳の作りがデフォルトでネガティブ思考

 

どういうことかと言うと
ネガティブ思考だからこそ、今まで子孫を残せてきたんですよね

人間の普遍的な悩みって、だいたい過去を遡ると原因がわかってきます

 

大昔のことを考えてみましょう
何百万年前の話です

ネガティブ思考改善さ〜ライオン狩りに行くか〜

こういう時代です

 

ネガティブ思考の話と全く関係ないやん

と思ったあなた
大丈夫、話は繋がってます

 

ネガティブ思考改善

こういう時代って、
常に命の危険と隣り合わせですよね?

集落から一歩出たら危ない動物いるかもしれない
それがどんな動物かもわからない

いや、集落にも襲ってくるかもしれない
それも動物じゃなくて、どっかの別の集落の民族かもしれない

常にこういう状況ですよね

集落から一歩出ることすら、命の危機だったんです

だから、

リスクを考えないと生き延びられなかったんです

 

「○○したら死ぬかもしれない」
と、常に考えておかないといけなかったんです

だからこそそれに備えていって、
子孫を残していくことができたんですね

この大昔の生活がネガティブ思考の元です

で、この生活を何万年としてきたわけですよね
だから自分たちの脳の奥深くにこの思考癖が残っているんです

リスクを考えないといけない状態がずっと続いていた名残
それが現代のネガティブ思考の原因です

こうやって考えると自然なことなんですよね、ネガティブに考えることって

現代はそこまでネガティブになる必要はない

 

大昔の生活の名残で
色々なことに対してついネガティブに考えてしまいますが

現代って、そこまでのリスクを考える必要ないですよね?
人間ってここ数千年で爆速的な進歩をしていきているじゃないですか

ネガティブ思考改善

家出たらライオンに襲われるかも・・・
いや、家にいても他の民族が襲ってくるかも・・・
あー人生終わった・・・

なんて考える必要、現代ではほぼほぼないですよね?

クマに襲われたり、誰かが突入してくることが0ではないとしても
可能性としてはめちゃくちゃ低いわけです

ネガティブ思考改善

現代ではそこまでネガティブになる必要はないんです
ネティブ思考の役目は終わっているんです

人類の進歩が早すぎて、脳が順応できていないってことです

じゃあネガティブ思考を改善するにはどうするか?

もう分かりますよね!

 

ネガティブ思考改善方法

 

さあ本題
「どうやって改善していくか」です

ネガティブ思考になる原因を踏まえて、
3つのステップに分けて改善していきましょう

自分がネガティブ思考になっていることに気づく

ネガティブ思考改善の第一歩は、まず気づくこと!

ネガティブ思考改善

あーまたテストで10点下がってる
人生終わった・・・

ってなったら

ネガティブ思考改善

あ、ネガティブ思考になっとる
これはネガティブ思考や!

と気づくこと
まずはこれです

問題は気づいた時点で半分解決しています
あとは改善すればいいだけですから

気づくことの価値は大きいんです

脳がネガティブに考えるようにしていることを言い聞かせる

そうしたら次は、

「脳がネガティブに考えるようにしている」
と自分に言い聞かせることです

ネガティブ思考になる原因で話した通り、
脳の作りで、人間はネガティブ思考になってしまっているんです
だから仕方がないこと、別に自然なことなんです

そして現代では、そこまでネガティブ思考になる必要はないんです

必要以上にネガティブ思考になっていることを悟りましょう

そして次は最後のステップ

これが最強の武器です
これでネガティブ思考をやっつけましょう

ポジティブリフレーミングする

 

はいきました
ポジティブリフレーミングです

そもそも、この世の全ての物事に意味はありません
自分がそう意味づけているだけです

例えば、
コップに水が半分入っている状況があります

ネガティブ思考改善ごめん、この画像だと半分よりちょっと多い

この水、多いですか?少ないですか?
人それぞれですよね?

真冬の寒い中のキンキンに冷えた水だったら、これを見て
「あーキンキンに冷えた水が半分もある」って思うかもしれないし

真夏の喉カラカラの時に見たら
「あーあと半分しかない」って思うかもしれません

「コップに水が入っているという」事実は一つ
でもそれがいい意味なのか、悪い意味なのかはその時の状況や、考え方で変わりますよね?

だから全ての物事って、自分の考え方次第で良いか悪いかは変わるんです

現象は1つ、解釈は無限、ということです
だから一見悪いことでも、良い方向へ考え直すことができるんです

さっきの話に戻りましょう

ネガティブ思考改善

あーまたテストで10点下がってる
人生終わった・・・

ってなったら

ネガティブ思考改善

あ、ネガティブ思考になっとる
これはネガティブ思考や!

ってなりますよね

そうしたら

ネガティブ思考改善

いやー点数低い方が上げやすいな!
次のテストは10点以上あげれるってことやん!
次のテスト楽しみやな〜

みたいに、
解釈を良い方向へ変えるんです

「10点下がる」ということにそもそも意味はありません
「悪い」と思っている自分がいるだけです
だから「良いこと」と考え直して良いんです

全ての物事に良い面は存在しています
だから自然と「悪いな」と思ったことを、「良い」ことに自分で変換していきましょう

これをポジティブリフレーミングといいます

 

ステップ1
ネガティブ思考になっていることに気づく

ステップ2
「脳の作りで必要以上にネガティブになっている」と考える

ステップ3
「悪い」と思ったことを「良い」ものに考え直していく

この3ステップでネガティブ思考は改善できます

 

ネガティブ思考はすぐには改善できない

ネガティブ思考改善

いやいやそんなこと言ったって
ネガティブに考えるのは考える!
改善なんて全然されん!

って思いますよね

全くその通りです!

 

人間すぐには変わりません
生体恒常性(ホメオスタシス)という機能があるので、すぐには変わらないようにできています

でも、ゆっくりゆっくり変わっていきます

人間は変わります
でもすぐには変わりません

自分では気づかないほどゆっくりなペースで変わっていきます

ネガティブ思考改善

だから、継続することが鬼大切です

そのためには「習慣を作ること」です

ネガティブ思考は常に雑草のように生えてきます(これは自然なこと)
それを3つのステップで考え直してやっつける

それでも次の日も、ネガティブ思考は生えていきます
同じように3つのステップでやっつけます

それでも次の日も・・・・

ネガティブ思考改善
という作業を日々行い続けるんです

まずは3ヶ月継続してみましょう

3ヶ月後に振り返ると・・・

ネガティブ思考改善あれ、なんか前よりポジティブになってる?

みたいに少しずつ変わっていきます

何事も継続が大事
子どもに対してネガティブになることは日々沢山ありますが、
考え方を変えて少しずつ悩みを減らしていきましょう!

僕もがんばります!

コメント

  1. […] 人間って、基本的にネガティブ思考なので ネガティブ思考は改善できる!その原因と具体的方法 […]

  2. […] ネガティブ思考は改善できる!その原因と具体的方法 詳しくは↑の記事で […]

タイトルとURLをコピーしました